So-net無料ブログ作成

『カラフルメリィでオハヨ』&。。。 [演劇]

昨日の日曜日、下北沢の本多劇場で「カラフルメリィでオハヨ」(作・演出ケラリーノ・サンドロヴィッチ)を観劇した。
ケラリーノ・サンドロヴィッチ(通称KERA)が主宰する、ナイロン100℃の28回公演。
再演を嫌うKERAにしては珍しく、今回で9年ぶり4回目の上演となる。

       
              小劇場系の憧れ 本多劇場

「思い入れはありますね、ものすごく。大好きな芝居です。ただ、大好きな芝居は他にもたくさんあるわけで、その中でこの作品だけをこうして何度もやっている理由のひとつには、この芝居を上演する度に自分、あるいは自分たちの立ち位置を確認できるからということもあるんじゃないかと。」(「カラフルメリィでオハヨ」パンフレットより)

KERAにとっては、一生に一本の私小説ならぬ私戯曲。
私には初見だった。

       
               当日は通路まで満席

チラシには、
「海に囲まれた病院からの荒唐無稽な脱走劇、人生の最期を迎えた老人と彼の家族のスケッチ、2つのドラマが重層に絡み合いながらそっと生と死を見つめる。。。」
とある。

1988年当時のKERAは、余命幾ばくもない父を看病しながら、病室でこの作品を書いたという。
初演だけは看病のために、演出を他者(手塚とおる)に委ねている。
なにしろ、父と子の二人家族だった。
その父は、初演5日目にとうとう亡くなった。

パンフレットを読んで、初めてこの事実を知り、大いに納得するところがあった。

人生の最期を迎えた老人には、痴呆が進み、家族たちとの会話もトンチンカンになる。
そんな老人に親身に付きまとう孫が、実は老人の分身であることが、やがて見えてくる。
劇の冒頭で、老人と孫が背中合わせになって登場するシーンが、それを象徴している。
一方、老人の分身は子供ながら入院中で、同じように重病で入院中の子供たちと自由を求めて、病院を脱出しようと計画している。

ホームドラマ風あり、脱出活劇風あり、そしてナンセンスギャグも満載。
お得意のスライド映像も、少し進化していて、舞台装置にも映像を写す、凝った作りだった。
特徴の回り舞台はなかったが、二階を作り、上り下りするための階段の他に、すべり台のように一気に下りるしかけも左右両側に出来ていた。
ここを通った役者たちに何度爆笑したことか。。。
このすべり台の出口には蓋が付いていて、頭を打ってみせる念の入れようだった。
休憩(10分)をはさんで、3時間というのもお約束の上演時間だった。
ハッピーエンドではない結論もそう。
なお、KERA作品の特徴は【こちら】の追記を参照していただきたい。

そして、この芝居を観たことで、どうしても思い出してしまう出来事があった。

       
              金曜日夜の駅

幼い頃から親しくして戴いた方(小母さま)が水曜日(19日)に亡くなった。
一日置いて金曜日が通夜、そしてこのお芝居の前日、土曜日が告別式だった。
高齢で入院中だったから、覚悟していなかったと言えば、嘘になる。
けれども、訃報を受けて、慌しく旅支度しながら、自分では信じられない間違いばかりした。

       
              ご供花から

「幾日かのちにはうなだれ、散ってゆく花の命の短さを思うと、あわれにもなる。この短い開花期に比べたらはるかに長い冬の日を、花たちはじっと耐えて来たのだ。でも、思いに沈む私に、花はやさしくささやいてくれる。
『あすはまた、別のつぼみが開花の喜びを待っているのです。あとに続くもののために、ひそやかに終わりましょう』」(新潟日報「私も一言」より。掲載日不明)

          
                 掲載記事

小母さまが投稿し、「花との対話」と題して掲載された、この記事がお棺に納められた。
まるで、参列した私たちをなぐさめ励ましているかのようだった。
少し大きめの帽子をかぶった、オシャレな遺影が、可愛らしく華やかな人となりを伝えていた。
いつものように、綺麗にお化粧した唇が、何かを言いたそうに見えた。
でも、それは永久に叶わないことだった。

 


《きょうの陸》


       
               お花が一輪さいてるね

       
               僕がみつけたよ


nice!(23)  コメント(32)  トラックバック(3) 
共通テーマ:演劇

nice! 23

コメント 32

すいすえみ〜

小母さまの投稿された言葉が、静かに胸をうちました。
大切な人を亡くすのは、どうしてこんなにつらいんでしょう。
大切だから?その人が、心の中に占めていたその場所に、ポッカリと穴があくから?なんだか、いろいろ考えてしまいました。
小母さまのご冥福をお祈りしています。
花をみつけた陸くんの、可愛い笑顔が、胸に滲みました。
by すいすえみ〜 (2006-04-24 22:45) 

小母さまのたくさんの思い出が・・・
『柴犬陸さま』の心を慰めて下さいますように☆

陸ちゃんもお花とお話したんでしょうね。。。
by (2006-04-24 22:51) 

わやや

胸に染み入るような言葉ですね。花と共に居られたことが良く伝わります。
花が好きだと云う国内最多連勝記録376連勝を打ち立てた、日体大水球部清原監督も、
「臆病で繊細な花もあれば、気位の高い花もある。命を宿し、響き合い、やがて枯れると知りながらも水をやる。」と云っておられました。
小母さまのご冥福をお祈りします。
by わやや (2006-04-25 00:04) 

レオンのママ

先々週、同じ階段の一階に住むおばあちゃまが亡くなりました。
散歩に行くレオンに『いってらしゃい!』と声をかけて
くれたのは、元気だった頃....いつもやさしく見送ってくれました。
先日、アルちゃんそっくりなわんちゃんが、お店のテラスにきました。
名前はもちろんちがうのに、勝手に心の中で『アルちゃん!』
って何度もいっていました。なんだかその日は優しい気持でいっぱいでした。
陸くんのまわりにも春がいっぱいですね。
レオンもテラスの花に囲まれ、春を感じている様です。
by レオンのママ (2006-04-25 00:16) 

つま

新潟の小母様の言葉、心にしみました。この世に生きるもの、みな、命のリレーをしているのですね。親の老いほど、切ないことはないですが、これもリレーなのだと。
by つま (2006-04-25 09:06) 

okumi

小母さまのご冥福をお祈りします。
陸くんが見つけたお花も長い冬の寒さに耐え、やっと、花を咲かせたのでしょう。
我が家の庭のチューリップも花が咲きました。あんなにたくさんの雪に埋もれながら・・。
小母さまが投稿された「花との対話」全文、読ませていただきたいと思いました。
by okumi (2006-04-25 10:26) 

柴犬陸

☆皆さま、暖かいお言葉ありがとうございます。
金曜日、東京は晴れてたのに、新潟は雨でとても寒かったです。
持参した、冬コートが役に立ちました。
翌土曜日は快晴、それでも東京に比べれば寒かったです。

☆えみ~ちゃん
えみ~ちゃんも、おじい様を亡くされたばかりでしたね。
亡くなったことを実感するのは、これからのことになりそうです。

☆shibutaさん
小母さまについて、いろいろと思い出すことばかりです。
懐かしいような、叶わないような。。。

☆きすさん 
nice!有難うございます

☆わややさん
花を愛でる人たちは、そこに自分の人生も見つめているような気がします。
小母さまもそうでした。

☆レオンのママさん
春に逝かれたことが、せめてもの慰めでしょうか?
アルちゃんのこと、私も時々思い出します。
いつもの場所に居ないことが分かっても、立ち止まってしまいます。

☆つまさん
金曜日そして土曜日と、新潟でした。
つまさんのお住まいはここから少し離れているのでしょうか?
新潟の桜はその前の週が見ごろだった、と聞きました。
桜も命のリレーをしているのですね。

☆okumiさん
お庭のチューリップ、見事でしょうね。
雪国に住むと、小母さまの花への思いがよけいに心に伝わるのでしょうね。
by 柴犬陸 (2006-04-25 11:12) 

ぽちくん

こんにちは。
お花を見つけた陸くんのちょっと得意げなお顔。
かわいい~。  素敵なモノ見つけたね、陸くん。
by ぽちくん (2006-04-25 15:35) 

ナイロン100℃お好きですね。
ますます興味がわいてきました。
関西に来てくれ~!!

小母さまの投稿記事にはじ~んときました。
先日の記事といい、逝きかたのお手本としたいです。
by (2006-04-25 19:05) 

いちご☆

私も じーーーんと 来ました。
そんな気持ちになりたいです。そして そんな素敵な女性になりたいです。
by いちご☆ (2006-04-25 19:41) 

tsubame_diary

こんばんは。
小母さまの投稿された「花との対話」。
とても素敵な文ですね。
素直に思った事を飾らず語っている気がします。

陸ちゃん、可愛いですね。
お花見つけた姿がいいです。(^^)
by tsubame_diary (2006-04-25 20:10) 

もも

別のつぼみが開花の喜びを待っている・・・。
そんなふうに思いながら自分を終わらせることができたら・・・。
そんなふうに『逝きたい』、そんなふうに『生きたい』と思いました。
素敵なおばさまですね。
by もも (2006-04-25 21:57) 

Runa

小母さまが投稿 された 花との対話 とても素敵な言葉ですね。
胸にジ~ンと 響きました。
小母さまの ご冥福を 心より お祈りしてます。
陸くん 可愛いですね。
by Runa (2006-04-25 22:19) 

fumilin

小母様・・・残念ですね。ご冥福をお祈りいたします。
本多劇場!2年前まで、仕事をさせていただいた場所です!
ナイロン!!松永玲子さんのお母様とは、お友達させてもらってるんです。
母とも仲良く、先日も電話で1時間も・・・
お母様も、とっても美人な方なのですよ!
by fumilin (2006-04-26 01:15) 

knacke

陸クン、ロマンチストさんだなぁ〜。
小母さまのご冥福を、お祈りいたします・・・。
by knacke (2006-04-26 08:03) 

nico☆

とても仲の良かった友人が亡くなってもうすぐ一年になりますが
未だに実感が沸きません。彼女の事を思いながら子母様の投稿記事に
胸をうたれました。本当に素敵な方ですね。

その一時咲いた花も陸クンに見つけてもらって嬉しそう☆
by nico☆ (2006-04-26 09:25) 

masugi

伯母様、素晴らしい方だったのですね。お人柄のよく分かる
文章でした。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
by masugi (2006-04-26 09:33) 

jewel

聡明な方だったのですね、
柴犬陸さんのお気持ち、
きっとちゃんとわかっていらしたと
思いますよ。
陸くん花と一緒でウレシそう^^。
by jewel (2006-04-26 13:34) 

goinkyonosora

劇評がお上手ですね(^^)
私は初演も観ています。
前回とは違った見方ができそうで、今回楽しみです!

小母様のご冥福をお祈りいたします。
by goinkyonosora (2006-04-26 16:47) 

柴犬陸

☆皆さまからの追悼のコメント、ひとつひとつ心に留まります。
皆さまに素敵な女性と褒められて、小母さまはきっと照れているでしょうね。
ご訪問そしてnice!を有難うございます。

☆ぽちママさん
今朝(26日)、お花はもうありませんでした。
昨日もおとといもあったのに。
また、咲くのを待ちましょう。

☆kurumiちゃん
この作品は一応全国ツアーと銘打っているので、大阪公演があります。
5月4日~5月6日の3日間で4公演です。
ただ、残席があるかどうか。。。
http://www.sillywalk.com/nylon/index.html
機会があったら、ぜひ。

☆いちごさん
小母さまの口から、この記事のことを聞いた記憶が、ふいに蘇りました。
遠い昔のことなのに、はにかんで話す小母さまの仕草まで思い出しました。

☆tsubameさん
あらためて読むと、随所に花を想う小母さまらしさがあふれています。
陸にも花を愛でる気持ちがあると思いたいです。。。

☆ももさん
小母さまは病弱だったから、どこか死を意識しているところがありました。
そういう意味でも、「生き方」は「逝き方」だったのですね。

☆Runaさん
同性からも好かれた、愛らしい小母さまでした。
ちょっと間の抜けたところ(小母さま自身がそう言われてました)、お茶目なところ、コロコロと笑うところなど、いろいろと思い出します。

☆fumilinさん
松永さんは関西出身と聞いてましたが、fumilinさん、そしてお母様のお知り合いなのですね。羨ましい!
松永さんというとKERA氏が岸田戯曲賞を受賞した『フローズン・ビーチ』での好演が印象的です。
テレビCMなどでもご活躍中ですね。

☆きむたこちゃん
陸は最近、お花に顔を近づける仕草が多くなりました。
美味しそうな良い匂いがするのでしょうか? それとも、やっぱりロマンチスト??

☆rikoさん
rikoさんのお友達だから、まだ亡くなるような年齢ではなかったでしょうね。
本当に言葉がありません。

☆masugiさん
小母さまの人柄そのもののような文章でした。
夢見る乙女のようなところもありましたし、寂しがりやでもありました。

☆lapisさん
nice!有難うございます。新潟はとても寒かったです。

☆jewelさん
もう何年も会ってなかったのに、昨日のことのようにいろいろと思い出します。
ここしばらく、小母さまと話す日々が続いています。

☆おぺさん
私がKERA氏を知ったのは、ここ数年のことです。
『フローズン・ビーチ』を何度目かの再演を観て以来のことです。
初演からご覧になっている、おぺさんの劇評が楽しみです。
by 柴犬陸 (2006-04-26 19:04) 

チヨロギ

陸さんの以前の記事で、KERAさんのことを初めて知りました。
難解そうだなあと思ったんですけど、「追記」の特徴を見てみたら、
「深読みをしなくても良い(しても良いけど)」んですね!
それなら一度、挑戦してみようかしら?(チケットが取れたらの話ですが・・・)

小母さまの文章、春に咲く花のように控えめで愛らしく、
お人柄が偲ばれますね。ゆっくりお休みくださいますように。
by チヨロギ (2006-04-26 21:32) 

もちまき

小母様のご冥福を心からお祈り申し上げます。
このたびは、金曜日のお芝居の券をいただきまして、ありがとうございました。
おかげさまで楽しませていただきました。
ナイロン100℃のお芝居をみるのはじめてで、
長かったけど、おもしろかったです。
大倉孝二が最近気になっていて、生でみたら、背が高くてびっくりしました。
前回の公演(1997年)のときは、医者役だったそうですよ。
赤ふんどしのシーンとかおもしろかったですね。
あのあたりの演出うまいなぁって思いました。
お礼に機会がありましたら、是非陸ちゃんのマッサージ致します!
特技、犬マッサージです!
by もちまき (2006-04-26 21:55) 

柴犬陸

☆チヨロギさん nice!有難うございます。
KERAさんの作品は、難しいと思う時と分かりやすい時があります。
今回はパンフレットを読んだせいか、とてもよく分かりました。
ナイロンの公演なら、チケットは比較的取れますので、機会がありましたら、ぜひ。

☆もちまきさん ご訪問&TB有難うございました。
金曜日のチケットは主人の都合がつかなくなりお譲りしたものです。その際、日曜日のチケットを求めました。
小母さまの訃報はその後のことでした。
正直なところ、お芝居を観る気分ではなかったのですが、半ば強行しました。
ところで上演時間が長いことは、これは、もうKERA作品の常識ですので、仕方ありません。KERA本人も重々承知していて、パロディにもしているくらいです。
犬マッサージの件、お願いしたいのですが、陸は結構手ごわいかもしれません。
by 柴犬陸 (2006-04-27 00:16) 

柴犬陸さん、情報をありがとうございました。
それが・・・・、せっかくこちらで公演があるのに私はそちらに行ってます。笑
何たる偶然!!涙。
ちょうど上京するのです。
またの機会を待ちます。
by (2006-04-27 08:14) 

leaf

>あとに続くもののために、ひそやかに終わりましょう。
そのようにやさしく静かに去ることができたらいいな。
小母様の言葉.....とても胸にしみました。
by leaf (2006-04-27 13:07) 

柴犬陸

☆kurumiちゃん お返事ありがとう。
GWに東京なんですね、それはそれは。
どちらに出掛けられるのか、記事を楽しみにしています。

☆leafさん ご訪問そしてnice!有難うございます。
小母さまは、私たちに「哀しまないで」と言っているようでした。
微笑んでいるような穏やかなお顔でした。
by 柴犬陸 (2006-04-27 23:52) 

hellorin

小母様のご冥福をお祈りいたします
きっと 凛とした方だったような・・・そんな気がします
by hellorin (2006-04-28 23:17) 

柴壱

陸君が見つけたオレンジ色の花は何なのでしょう?(植物に疎い柴壱)
ただの雑草? 雑花? 夕方にはしぼんでしまいますよね。
うちの近くに、今の時期、毎朝一面に咲く空き地があったのですが、
最近、アパートが建ってしまい、ちょっと残念に思っていました。
陸君が、代わりに愛でてくれているみたい…。
by 柴壱 (2006-04-28 23:56) 

柴犬陸

☆りんさん ご訪問そしてnice!有難うございます。
小母さまから戴いたものなど、大事にしたいと思っています。

☆柴壱さん ご訪問そしてnice!有難うございます。
オレンジの花は、ポピーのように見えたけど、きっと雑草でしょうね。
私も花の名前に詳しくありません。
でも、3日間は間違いなく咲いていました。
4日目にお花だけが無くなっていて、そうなると寂しいですね。
by 柴犬陸 (2006-04-29 14:13) 

kone

素敵なおばさまだったのですね・・・
心打たれるお言葉でした・・・
by kone (2006-04-29 23:24) 

柴犬陸

☆koneさん たくさんのnice!を有難うございます。
小母さまには、もう何年も会っていなかったのに、亡くなってからは、毎日思い出すことばかりです。
by 柴犬陸 (2006-04-30 15:09) 

柴犬陸

☆IXY-nobさん nice!有難うございます。
by 柴犬陸 (2006-05-07 23:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。